メリットとデメリットに注意!注文住宅の施工業者の選び方


施工業者の種類について

住宅を注文すると、施工業者にその建設を依頼することになります。施工業者は主に、「ハウスメーカー」、「格安ハウスメーカー」、「工務店」、「設計事務所」に大別されます。工期や設計変更に対する柔軟性などにおいて、それぞれメリットとデメリットがあります。

それぞれのメリットとデメリット

ハウスメーカーは比較的工期が短い点が特徴です。資材をあらかじめ工場で加工している場合が多く、現場での作業が削減されるため工期を短縮できるからです。一方で一度施工を開始すると、途中で設計を変更しにくい点がデメリットです。格安ハウスメーカーは、価格を抑えるために資材を工場で加工する傾向がさらに強いため、工期が非常に短いです。そして、途中で設計を変更するということは、ハウスメーカー以上に難しくなります。

地元の工務店の場合は、資材を現場で加工する傾向が強いため工期が長くなります。現場での作業が増えるために、工費も高くなる傾向にある点にも注意です。その一方で、施工中の設計変更がしやすいというメリットがあり、間取りは細部にまでこだわりたい、注文時点ではまだ理想の間取りを決めきれていない、という人におすすめです。設計事務所は、施工主の要望を叶えることに特化しています。途中での設計変更にも柔軟に対応できることが多いため、変更を加えた際の工期への影響には注意が必要です。

各施工業者のメリットとデメリットを紹介しました。自身の希望に適した施工業者を選び、住宅建築を依頼することをおすすめします。

千葉の注文住宅を検討するなら、ハウスメーカー選びが重要です。ハウスメーカーによって得意とする分野が異なるため、注文住宅を建てるなら、自分の希望を叶えてくれる会社を選ぶことです。