庭と駐車場の広さはどれくらい?注文住宅を造る時に注意しよう


建設する時には庭と駐車場も考えよう

注文住宅の建設時に庭と駐車場を造りたい場合は、そのスペースも確保した状態で建設を考えなければいけません。用意されている土地のほとんどのスペースを使って家を建ててしまうと、庭と駐車場を造ることができなくなってしまうので、事前にそれぞれの広さを決めておく必要があります。家を建てるスぺースは建蔽率によって決まりますが、駐車場に屋根を取り付ける場合も建蔽率に含まれます。そのため、屋根付き駐車場を造る場合は、その分家の面積が狭くなる可能性があります。駐車場に屋根をつけない場合は、家を建築するスペースを確保し、余ったスペースに庭や駐車場を造ることもできます。ですが、余ったスペースだけでは駐車するために必要な広さが無い可能性もあるので、駐車場や庭を確保したい方は、事前に決めてその分の広さを確保しておきましょう。

生活にも重要になってくる庭と駐車場

ガーデニングや、子どもの遊び場として用意しておきたい場合は、走り回れる広さの庭を造っておきましょう。管理しやすい広さであれば、庭の手入れも簡単になるので、家庭に必要なサイズのものを造っておきましょう。また、庭を造っておくことで、駐車場としても使うことができます。駐車場の標準的なサイズは、幅が1.7m、全長が4.5mとなっています。一般的なファミリーカーが一台入るようになっていますが、複数の車を停めたい場合は、更に駐車場を広くさせておく必要があります。駐車場が狭くなっていると車を停めにくくなってしまい、駐車時にストレスがかかってしまいます。ですので、駐車場はできるだけ広く設けておきましょう。

横浜は景観も良く、おしゃれなスポットも多い場所なので、自分の好きな空間を作れる注文住宅に適しています。横浜の注文住宅を仕事の休みのときに利用し、仕事は別の場所でと2拠点住居も楽しめる魅力があります。