注文住宅は土地選びから!土地選びのポイントを知ろう!


土地選びのポイント1「立地条件」

土地選びでは、「交通の便がいい」「学校までの距離が短い」など、自分達が希望する立地条件と合うことが大切です。電車やバス通勤・通学をする場合は、駅やバス停から近いと便利でしょう。また、保育園や幼稚園・小学校など、子供が行動しやすい場所を選ぶことも必要です。そして、買い物はしやすいか、夜や休日は著しくうるさい立地ではないかを確認します。

土地選びのポイント2「周りの施設」

継続的に住む場所を探すため、周りにある施設はしっかりと確認しましょう。警察や役所などの公共施設・病院もそれぞれの診療科があるかを調べることが必要です。頻繁に利用する施設が近くにあると、利便性が高くなります。公共施設や商業施設は、今後も増える可能性があるため、不動産会社などに土地の開発情報などを聞くのも手段です。

土地選びのポイント3「土地の形や日当たり」

土地の候補が見つかったら、土地の形を確認します。一般的に、長方形や正方形の土地が人気で、注文住宅の建築もしやすいです。駐車場や庭なども設計しやすくなります。一方、多角形や三角形の土地も売り出されています。このような形の土地は、比較的安価で取引されていて、購入しやすいです。ただし、複雑な形の土地に建てるため、それに特化した建築士や設計士・工務店に依頼する場合があります。また、建築後の日当たりも予測して、土地選びをするといいでしょう。周りに高層ビルや商業施設があると、日当たりが悪くなります。住宅街の場合、著しく日当たりが悪いことはありませんが、隣接する家や施設を確認することは大切です。

注文住宅の最大の特徴は、建築主が間取りプラン設計をしたり内装や設備を決められることです。自分の理想を追求することが出来ます。