女性の視点がなぜ大切なの?住宅設計での女性の重要性とは


企業でも女性が設計に携わるケースが増えている

住宅設計では女性の視点が欠かせないという考え方が広まってきました。ハウスメーカーや工務店でも女性スタッフを雇用するケースが増えています。住宅のデザインをするときには女性の視点を組み込むことで住みやすい家ができると考えられているからです。日本では長らく女性が家を守る文化が続いていました。現在でも女性が家事や育児の中心になっている家庭が多いのが実態です。家庭生活では家事の負担が大きく、専業主婦として一日の大半を家事に費やしている人もいます。その負担を軽減できる住宅に仕上げることで満足度を高めることができます。住宅業界では男性ばかりの職場が多かったこともあり、女性の積極的な雇用が進められているのが現状です。

住宅設計で女性の視点が重要な理由

住宅設計で家事や育児を優先するのが良いのは納得できたとしても、なぜ女性でなければならないのかがわからない人もいるでしょう。男性の視点でも家事の負担が少ない家を設計できるのではないかと思うかもしれません。確かに掃除や洗濯、料理などをする男性も増えていて、夫婦で分担している家庭も多くなりました。ただ、育児に関しては女性が中心になるのが一般的で、家の中で子育てをするという考え方で設計する力は女性の方が長けている傾向があります。特に育児の経験があれば子供の危険をなくすことや、子供の様子を見ながら家事をできるようにすることを重視するでしょう。このような視点を生かして暮らしやすい住宅を設計するには女性の視点が大切なのです。

2000万の家はいわゆるローコスト住宅の分類になりますが、自分たちの要望をシンプル化することで、満足度の高い住まいにすることが可能です。