賃貸でもオール電化?光熱費を比較してみよう!


光熱費には大差が生じない?

オール電化にすると光熱費が安くなるという話を聞いたことがあるかもしれません。賃貸生活でもオール電化にすれば安くて済むのではないかと想いがちですが、実際にはそれほど大きな差が出ない場合もあります。電気と都市ガスの単価はほとんど変わらない状況になったからです。以前は電力が安くなっていたのでオール電化にするとかなり光熱費を抑えられました。しかし、そのメリットがなくなったので、オール電化にする魅力が半減しています。ただ、プロパンガスに比べると電気はまだ安いので、プロパンガスの地域に住む場合にはオール電化にすると光熱費でもメリットが生じます。地域によって都市ガスの単価も違うので比較してからオール電化にすべきかを考えましょう。

光熱費は工夫次第で下がる

オール電化が賃貸生活のときにあまり光熱費のメリットがないのは、ただオール電化にしてあるだけで光熱費を節約しやすい設計になっているとは限らないからです。工夫次第で光熱費を下げられるのはオール電化のメリットなので、賃貸物件を選ぶときには工夫をしやすいかどうかを見極めましょう。例えば、昼間は電気代が高い代わりに夜間は安い契約にして、夜間電力でお湯を貯めておけると節約になります。エコキュートなどの設備があればこのような電気の使い方もできるので、設備をよく見て決めるのが大切です。また、ライフスタイルに応じて電気代を節約しやすい契約をすることも重要になります。利用できる電力会社も調べて料金プランを見ておきましょう。

千歳の賃貸物件の中には、保証人不要の物件を集めたサイトもあり、保証人を頼みづらい人にお勧めしています。